スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンプラ秘密工場(裏)「HGUCジムⅡの簡単カスタマイズ」

 ガンプラ秘密工場(仮)の方でHGUCジムⅡのサンプルレポートをお送りしていますが、あちらでは発売前のキットについて書くことがためらわれる話がありますので、「秘密工場(裏)」ともいえるこちらの方で書くことにします。こちらでの話はあくまで一ガンプラファンとしての意見です。ややキツい話も出てくるとは思いますが、ガンプラへの愛情を込めて書いていますので、もしバンダイさん他関係者の皆様がお読みになることがあっても、気を悪くなさらないでください。よろしくお願いします。m(- -)m

 HGUCジムⅡは、試作品の写真が公開された当初から「ひじの丸いパーツ(いわゆるマルイチ)の位置がおかしい」「太ももが長くてスネが短い」「ふくらはぎは『Zガンダム』版のデザインなのに、足は『ガンダムUC』版(いわゆるカトキスリッパ)なので、ちぐはぐな感じ」という意見がネットの掲示板などでチラホラと出ていました。筆者もそう思います。これらを解消するには、それなりに手を加える必要がありそうです。

 いろいろと事情はあるでしょうし、それらの事情を踏まえた上での設計であったり仕様であるとは理解していても、納得がいかない点もあります。ジムⅡは量産機です。場合によっては複数作りたくなる機体です。それだからこそ、大改造を必要とせず気楽に数を揃えられるキットであったらなぁと思うのです。

 とりあえずこの記事ではできるだけ簡単に、上記の3つの問題点のうちの「ひじのマルイチ」と「足」の問題を解決する方法を紹介します。ただし、1体あたり700~1000円前後のお金は掛かりますが…。

 それでは、用意するモノを…

「……出ろぉぉぉ!! HGUCガンダァァァァム!! (指パッチン)」 
CIMG0220.jpg
 HGUCジムではなく、あえてHGUCガンダムです。ジムの方が安くてパーツ取りには向いているのですが、ガンダムにはジムに無いメリットがあります。それは…
 1.成形色がジムⅡに近いので、パチ組みでもOK!
 2.足首の構造がジムと違い、無改造でもジムⅡに取り付けられる! 
 …です。300円の差でこれらのメリットがあるのは大きいと思います。

 あと、瞬間接着剤とニッパーとヤスリがあればOKです。
CIMG0221.jpg
 写真右側が、上からHGUCガンダムの足、両腕、2cmほどに切ったランナー。
 写真左側は、無くても大丈夫ですが、あった方が良いと思われるパーツ。HGUCガンダムのポリキャップ「E」と、最近のジム系キットに付属しているハンドパーツ(なぜジムⅡには付属しないのでしょう?)です。

 HGUCガンダムの足と腕は、完成したものからパクッてきてもOKです。

 それでは足の交換から。
CIMG0173.jpg
 ジムⅡのスネ前面の装甲パーツを外します。比較的外しやすいです。

CIMG0174.jpg
 足首を前方に90度回します。

CIMG0176.jpg
 矢印の方向に、足を足首関節パーツごとポリキャップから外します。パーツを破損させないように気をつけましょう。

CIMG0177.jpg
 足首関節接続用のポリキャップ(1)を、爪楊枝などを使って180度回転させます。

CIMG0178.jpg
 ポリキャップを回転させた後の状態。近くに置いてあるポリキャップはHGUCガンダムのポリキャップ(E)です。HGUCガンダムの足首関節をより確実に取り付けたい場合は、こちらのポリキャップに交換することをおすすめします(サイズが合うかどうかは確認していませんが、たぶん合うと思います)。

CIMG0179.jpg
 HGUCガンダムの足を取り付けます。取り付け軸をポリキャップに完全に押し込まずに、少し浮かせるようにするのがポイントです。

CIMG0180.jpg
 スネ前面の装甲パーツを取り付けて、作業完了です。

CIMG0181.jpg
 スネのボリュームに対して足がやや小さいですが、まあ許容範囲内でしょう。白の成形色はほぼ同じ色ですが、赤は若干異なります。気にならない程度ではありますが…。

CIMG0194.jpg
 足首関節の横方向への可動範囲はやや狭くなりますが、ボールジョイント根元の軸が丸見えにならない分、見栄えは良くなります。

 次は腕です。
 まず接続用の軸を用意します。キットのグレー成形色ランナーの直径3㎜の部分を使います。
CIMG0191.jpg
 筆者は「C1」ランナーのパーツ「4」「5」付近を使いました。

CIMG0190.jpg
 ランナーを19~20mm程度にニッパーで切って…
ランナーの両端を整形
 両端の断面をヤスリで整えてから、エッジの部分を軽く削り落とします(図の中段)。断面のエッジを落としておくと、ポリキャップに差し込む時にポリキャップを傷つけることなくスムーズに差し込めます。
 ランナーの両端から5㎜ぐらいまでに瞬間接着剤を薄くコーティングし、乾かしておきます。保持力調整のためです。

CIMG0185.jpg
 上腕上側の装甲を残して、腕を外します。

CIMG0186.jpg
 HGUCガンダムのひじのポリキャップに、加工が済んだランナーを差し込みます。

CIMG0187.jpg
 ひじを曲げた状態で、ポリキャップからランナーが突き出さない程度に差し込みます。ポリキャップの端面とランナーの断面ツライチになるように…。

CIMG0188.jpg
 ランナーのもう一方をジムⅡの肩のポリキャップに差し込みます。

CIMG0189.jpg
 作業完了です。

CIMG0182.jpg CIMG0183.jpg
 完成状態です。サムネイルをクリックすると拡大表示が出ます。つま先には画像加工でスジ彫りを入れてあります。腕のディテールが「Zガンダム」の頃の設定画とはやや異なりますが、本来のジムⅡのイメージに近づいたと思います。

 …後は、太ももとスネの長さのバランス調整ですねぇ。これについてはパーツをノコギリで切断したりする作業が要ると思います。う~ん(汗)。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ナイスミキシング!

なんと、素晴らしい!発売前でありながら非常に参考になります♪自分も是非やってみたいです!
HGUCガンダムのパーツを流用するとはナイスアイデアです。HGUCガンダムはキット自体の出来も素晴らしく、パーツ取りにも優秀で何度も手にしたくなります。
秘密工場でのサンプルレポートも毎回楽しみにしています!

No title

問題点については言われるまで気にしていなかったのですが、完成写真を見るとものすごくしっくり来ます!

これは真似したくなりました♪

No title

ポリキャプって、取っておく派なんですが
今までキットを買っては付属してあったポリキャプを使ってたので
使わなかったポリキャプが置き場所に困るくらい大量にあります・・・

最近、なるべく整理しようと思い、新しいキットを作るときは
在庫のポリキャプから同じのを探し出して使うようにしてるんですが
それでも、なかなか整理が追いつきません。

今更なことをしてるのは重々判ってますが
根が貧乏症のために、なかなか捨てる勇気がありません!

No title

なかなか雰囲気が出ていてGoodですね。

脚ですが、膝がフラットかつ長いのが
余計に脛を長く見せている気がします。
Z当時のデザインは膝短いのに。

塗装が必要となるでしょうけれど、
膝上面を数mm削ってやると少しは緩和しないでしょうか。

No title

しかしHGUCガンダムは合わせなどの難もありますが優秀なキットですね
出来れば改良版とノーマルを並べた写真が欲しいのですが…
プロフィール

かめっチ

Author:かめっチ
プラモデル愛好家で犬好きのオッサン、かめっチです。最近は小型洋犬も…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。