スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランスフォーマー「DA10オートボット トップスピン」(その6)

 今日はHGUCゼクアインの製作の続きをしようと思っていたのですが、いざ机に向かってみるとトップスピンのボンネット上パーツをプラ板から切り出している自分がいました(汗)。ゼクアインはまだ接着剤の乾燥待ちのパーツがゴロゴロしてますので…。
CIMG0266.jpg
 昨日の記事の時点では接着剤の乾燥待ちだったパネル先端のダクトの裏側の面をホビーベースさんの「プラストライプ(0.14mm厚・0.5mm幅)」でふさぎました。このプラストライプは厚みが0.3mmプラ板の約半分なので、すき間を埋めたりスペースが足りないところのディテールアップにも使えます。
CIMG0267.jpg
 昨日作った五角形の青いパネルをボンネット先端の両サイドに接着しました。トランスフォーマーの変形トイはABS樹脂製なので、接着には瞬間接着剤を使う必要があります。位置決めは一発勝負に近いので、慎重かつ大胆な作業が要求されます。こういう場合、接着剤の量が少ないとすぐに乾いてしまうので、「ちょっと多いかな?」というぐらいの量で接着剤を塗布するようにしています。
 *瞬間接着剤でパーツを接着する前には、位置決めをしやすいようにガイドとなるピンと穴を設けておくなど、前もってパーツを加工しておくことをオススメします。
 さて、前回出した問題の答えですが、「HGUCガンダムの胸パーツ」でした。

CIMG0268.jpg
 これは細切りした1.2㎜プラ板を2枚貼り合わせて1本の棒状にし、ヤスリやデザインナイフで削り出しているところです。先端部が一回り細くなっているのを再現し、耐水ペーパーで仕上げた後で接着部分にナイフを差し込み、分割します。これで左右対称のパーツが出来上がります。

CIMG0269.jpg
 同様にして、左右必要なパーツをプラ板から切り出し、それぞれをペーパー掛けして仕上げておきました。まだ足りないパーツがありますが、それらは組み立てている途中で現物合わせで切り出した方が良さそうなパーツですので、今は用意しないでおきます。
 というか、資料の写真を見てもイマイチ形状が把握しきれないので、行き当たりばったりで作ってるという感じです。寸法出しも目分量でやっているので、組み立てているうちに矛盾点が生じてくるでしょう、たぶん…。

CIMG0270.jpg
 エンジン上部の中央に設けられたブロックを組み立てている途中です。ブロックの側面に付く板をプラ板から切り出して追加しました。接着にはリモネン系の流し込みタイプ接着剤を使っています。乾燥時間が掛かるのがネックですが、じっくり位置決めできるのはやっぱり気が楽ですねぇ。
 この時点で、実車と比べるとブロックが高過ぎるというか盛り過ぎであることが判明しました。おそらく運転手の前方視界はこのブロックのせいで全体の1/4ほど、右下部分が見えなくなっているはずです。いや、コイツはトランスフォーマーだから運転手は乗ってないんや!
 冗談はさておき、この上にさらにプラ板から切り出したパーツを貼る予定ですので、このまま行くとマクドナルドのビッグマックが載っているような状態になると思われます。接着剤が乾いたら、このブロックを削り込んで高さを抑える必要がありそうです。 

CIMG0271.jpg
 さらにパーツを仮置きして、完成予想状態を確認します。実車と比べるとダクト付きプレートの角度が急だったりすき間が多かったりと、目分量の行き当たりばったりでの製作によるまとまりの無さが目立ちます。とりあえず、中央ブロックの接着剤が乾いてから、各パーツを配置しやすいように修正していく予定です。

 現時点での、製品状態(写真右側)との比較です。サムネイルをクリックすると拡大表示が出ます。
CIMG0272.jpg
 変形ギミックや安全面、そしてロボットモードでのまとまりを考慮した結果、実車とトイでは各部の形状が異なっているのだと思いますが、それにしてもかなり手を加えたもんです。
 「秘密工場」ではあまりプラ板工作をしていないので、新鮮な気持ちで取り組むことができました。

 このトップスピンも接着剤の乾燥待ちに入ります。接着剤が揮発することによるヒケの発生で完成度が落ちるのを防ぐため、乾燥期間は多めに取るようにしています。乾燥時間が短いと、塗装した後でも合わせ目部分がヒケてきますからねぇ(汗)。

 というわけで、HGUCゼクアインとトップスピンの両方が乾燥待ちになりました。それで今後のネタですが、スケールモデルで映画に登場するメカを作ろうと思っています。短期間で済ませる予定ですので、なんちゃって再現になる予定です。潜水艦のプラモを作るのは初めてですので、どうなりますことやら…。   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近になって、ようやくプラ板の重宝さを実感してきました・・・^^;

しかし削り出しでパーツを作るってシンドい作業ですよね!
時々、作りながら
「なんでこんな事を・・・」
と、軽く悩んでしまいます・・・^^;

No title

HGUCガンダムの胸パーツでしたか…、全くわからなかったです。
かなり実車に似てきましたね
素のキットはどこがどこの部分かわかりませんでした…


スケールプラモ、潜水艦ですか…
自分は作った事無いのですごく楽しみです!
プロフィール

かめっチ

Author:かめっチ
プラモデル愛好家で犬好きのオッサン、かめっチです。最近は小型洋犬も…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。