スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラーバリエーションのサンプルを作る方法(線画版・後編)

 トロ准尉さん、お待たせいたしました! カラーリング検討用サンプルの製作法の続きです。ホンマに遅くなってごめんなさい(汗)。m(- -)m
 前回の記事の、下から4番目の画像(色を塗る前の状態)を新たに呼び出し、別のカラーリングで塗ってみました。
IMG6.jpg
 し、○ャア専用…(笑)。頭のツノも描き込んでみました。

 *やや話は横道にそれますが…:「ペイント」でも「PictBear」でも、手描きっぽいカーブの線を描き込む場合は、「曲線」や「楕円」ツールを使うよりも、「直線」を使って短い線を少しずつつなげる方がうまくいきます。「鉛筆」や「ブラシ」で、マウスを動かしてフリーハンドで描くのは至難の業だと思います。線がよれて、うまく行かないんです(汗)。

 さて、「シャ○専用」カラーで塗ったサンプルに、影でやや暗くなっている部分を追加することにします。 
IMG7.jpg
 ほっぺたの動力パイプやアゴ下、脚の上の方など、影になる部分を塗るために、一段暗い色を作って境界線を引きます。
 *実はこの図は失敗例です。これぐらいの色の差だと、「塗りつぶし」で影にする部分を塗ろうとしても、黒線で囲ったエリア内の全体を塗りつぶしてしまいます。もうちょっと暗い色を作って、細い線で境界線を塗るとうまくいきます。

IMG8.jpg
 影色を塗り終わった状態です。明るい部分と影の部分との境界に、やや濃い色の細い線を引いてあるのが見えるでしょうか。この濃い色の線が気になる場合は、明るい方か影の方か、どちらかの色でこの線を塗りつぶすと良いです。
 この状態で、また別の名前で保存しました。 

IMG9.jpg
 次に、画像のサイズを調整します。「JTrim」を起動させ、先ほど保存した画像を呼び出します。画面上方の「イメージ」をクリックするとすぐ下に「リサイズ」が出ます。
 「リサイズ」のウインドウ内に「比率で指定する」というのがありますので、それを選択します。後は、現在のサイズに対して何パーセント拡大するか縮小するかを指定し、「OK」を押せば指定したサイズになります。この画像は何パーセントに縮小したか忘れましたが(汗)、たぶん60パーセントぐらいです(←おい!)。

 *この他にも「イメージ」から選択できる機能の中には、画像の中の要らない部分をカットする「切り抜き」や、画像の向きを変える「角度回転」、荒れた画像を滑らかにする「ノイズ除去」があります。これらの機能は、キットの製作時に撮った写真のサイズや画質を調整するのにも使っています。「カラー」の「明るさ/コントラスト」はディテールが分かりやすいようにするため、ほとんどの写真で使っています。また「イメージ」の「ノイズ除去」の後に「加工」の「シャープにする」を使ってのコンボ攻撃はピントがイマイチ合っていない場合に有効です。写真の加工については、また別の機会にお送りすることにしようと思っています。

IMG81.jpg
 試しに、「明るさ/コントラスト」で色調を変えてみました。画像の右側はコントラストを強めてあります。
 このように、画像を2つ並べた状態にしたい場合は、「編集」→「連結」の機能を使います。

 とりあえず、カラーリング検討用のサンプルはこんな感じで作っています。「JTrim」「PictBear」の使い方については、秘密工場の過去記事「画像を加工してビームを撃たせよう!(前編)(後編)」も参考にしてみてくださいね!
 カラー写真を使ってカラーリング検討用サンプルを作る場合についても、また別の機会に……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

感謝感激!

影や追加ディテールまでできるのですか!?
じゃあ、これらを使えば、デジタルジオラマも作れますね!

ありがとうございます!
当ブログでも、カラバリ画像を作ってみたので、見に来てください!

No title

影まで入れるとは…
フルカラーあるある4コマが見たくなりますなw
プロフィール

かめっチ

Author:かめっチ
プラモデル愛好家で犬好きのオッサン、かめっチです。最近は小型洋犬も…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。