スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンパチキットのうれしい悩み

 プラモデルの中には「コンパチブルキット(コンパチキット)」と呼ばれるものがあります。一つのキットの中に、複数のバリエーションを再現できるパーツが入っていて、いずれかを選択して組み立てられるモノです。中には完成後でもパーツを差し替えできるという、ありがたい仕様のモノもあります。

 非常にお買い得感のあるキットですが、条件しだいでは悩みの種に変貌をとげてしまいます。
 筆者の場合の、いちばん困る状況は…

 1.キットで再現できる複数のバリエーションの全てに同等の魅力を感じている。

 2.選択式のパーツを接着しなければならない・バリエーションによってカラーリングやマーキングが異なるなど、完成後の差し替えがきかない。

 3.キットが高価だったり数が少なかったりで、一つしか入手できなかった。

 …などといった条件が重なると、どれを作るか悩むことになってしまいます。
 「いっそのこと別々で売ってくれ〜!(汗)」 と思う時もあります。ぜいたくな悩みなんですけどねぇ。
 共通パーツを多く含むものの別々のキットとして発売される「バリエーションキット」になるか、コンパチキットになるかはどういう基準で決められるのかは不明です。タイミングとか、共通パーツの割合とか、売れる売れないとか、いろんな条件があるのでしょう。

 とりあえず、コンパチキットでどれを作るか迷った際に筆者がよく採っている方法ですが…
 仮組みの段階で設定や実機の仕様を無視して、欲しい部分を「全部乗せ」するです。
 試しにやってみると、意外と気分がスッとするというか、納得してしまいます。その後、落ち着いてどの仕様にするかを決定します。仮組みで付けてみると「よく考えたら、このパーツは要らないかも…」という感じで、消去法で考えることもできますし、「やっぱりこの部分は外せないなぁ(燃)」と、積極的に選ぶこともできます。

 …そうは言いつつも、今まさにHGUCドラッツェの右腕を「3連40mmバルカン砲」にするか「通常の腕+ガトリング・ガン」にするかで迷っています。加工して差し替えにするか…(キットを2個組むのも面倒くさいですし)。でも、バルカンで組む方が今のところ優勢です。説明書の、F2ザクがガトリングを構えている写真が格好良いので、ガトリングはザクにあげようかと…。
 HGUCドラッツェといえば、モノアイの加工についても悩み中です。いつも通り「透明モノアイシールド・Hアイズによるモノアイレンズ・可動式モノアイ」という仕様にしたいのですが、形状・サイズともにかなり難しいと思われます。少し視線を左右に振るぐらいには可動させたいのですが…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

色々なパーツの全部乗せは1度はやってみたいものの、無理やりやってみると意外にかっこよくなかったり…ということがありますね。

小隊編成したくて複数買った時は潔く取捨選択できますが、一個だけ買うと私も迷いますw


ドラッツェ、0083でモノアイをグリグリ動かして警戒していたシーンが個人的にすごく印象的でした♪
ガトリングのように、余りパーツが無駄にならないのはいいですね。
他には使いようがないけど、捨てるには惜しい、というパーツも結構多いですし。

No title

コンパチキットで悩んだのはMGエクシアですね
ノーマルで組むかリペアで組むか…

コンパチではないのですがスターゲイザーのステッカーも悩みました

No title

ドラッツェの右腕、私は加工して差し替えにしました。ちょっと出っ張りを切り飛ばすだけで簡単に差し替えにできました。私のブログの方に載せましたのでよかったら見てみてください。
プロフィール

かめっチ

Author:かめっチ
プラモデル愛好家で犬好きのオッサン、かめっチです。最近は小型洋犬も…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。