スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのキットは今…:HGUCゼクアイン(その5)

 接着剤の乾燥待ちで長いこと放置していたタイフーン級潜水艦とHGUCゼクアインですが、ようやく次の作業に取り掛かりました。

CIMG0673.jpg
 タイフーン級の艦体上下の合わせ目にヤスリ掛けしたところ、リモネン系接着剤独特のオレンジの香りが広がりました。パーツの肉厚が分厚いので、接着剤が多めに流れ込んだためか、まだリモネンが抜けきっていないのかも…(汗)。
 この状態で塗装したら、パーツに残っているリモネンが後になって揮発して、合わせ目にヒケが発生してしまう可能性があります。そうなってしまったら、接着→合わせ目消しを行った意味がありません。もうしばらく放置して、オレンジの香りがなくなるのを待つことにしました。

CIMG0671.jpg
 艦首のフィンの付け根部分が他の部分に比べてちょっとだけ出っ張っているのに気付きました。これは実物でも出っ張っているのか、それともフィンの開口部を設けるためのスライド金型の段差なのか、調べてみる必要がありそうです。

 さて、HGUCゼクアインの方は…
CIMG0675.jpg
 ゼクマシンガンは合わせ目消しの手間を省略するため、「接着しない合わせ目消し」で仕上げようと思っていたのですが、はめ込みピンとピン受けの位置が多少ズレていました。はめ込みで組み立てると、マシンガン本体の右パーツと左パーツとの位置が前後方向に0.2㎜ほどズレてしまいます。
 仕方がないのではめ込みピンを切り落とし、接着することにしました。グリップがある方のパーツはグリップを持ち手にして接着剤を塗ることができますが、グリップが無い方のパーツには何らかの持ち手を取り付ける方が良いと思います。とりあえず、デザインナイフの刃のケースを両面テープで貼り付けて作業しました。
 
CIMG0674.jpg
 キットの手は少し大きいような気がしたため、HGUCニューガンダムの手を流用しています。それでも、銃持ち手に対してマシンガンのグリップがやや短いようです。1~1.5㎜ほどグリップを延長する予定です。 

CIMG0679.jpg
 接着したブロックのヤスリ掛けを行いました。最近のキットはデザインナイフのカンナ掛け程度でほとんどの合わせ目消しが可能ですが、このキットは段差や面の凹凸がかなりキツく、目立てヤスリでガリガリと削る必要がありました。先日パチ組みしたHGガンダムサンドロックカスタムよりも新しいキットなのですが、こちらの方が手間が掛かります。それはそれで「あ~、プラモ作ってるなぁ♪」という実感があって良いのですが…。
 ヤスリ→ペーパー掛けの後、全体をスポンジヤスリ(800番~1000番相当)で磨き、表面をならしつつエッジを軽く落としました。連邦の機体ですが、ジオンっぽさを出したかったので…。

CIMG0680.jpg
 左右の肩に付くシールドは、表面のヒケが予想以上だったので(写真右側)、平らな所に敷いた耐水ペーパーの上で滑らせてヒケ処理しました(写真左側)。
 シールドの裏面はプラ板でふさぐか、プラ材で骨組みを組むかで悩み中です。HGUC開発時のカトキ氏の画稿には、シールド裏はふさがっていても開いていても、どちらでも良いという風に書いてあったのですが、どちらにしても何らかのディテールは要るでしょうねぇ。

CIMG0681.jpg
 シールドの可動部は後ハメが可能ですが、薄いグレーのパーツのピンがやや太いので、一度はめ込んだら取り外ししにくいです。今後の作業で何度も取り外しを行なう予定ですので、ポリキャップへの着脱がスムーズに行なえるようにピンを削っておきました。

 やっぱりジオン系でザク的なMSって、作っていて楽しいです(燃)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

タイフーン級が一瞬飛行船に見えましたw
プロフィール

かめっチ

Author:かめっチ
プラモデル愛好家で犬好きのオッサン、かめっチです。最近は小型洋犬も…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。